楽譜の読めないレベルでもピアノがすぐに上達するレッスン

信じられないかも知れませんが、ピアノの経験がろくに無い
初心者でも、ピアノ教室に通い続けることもなく、

たった30日でピアノをマスターしました。

しかも、自分の好きな時間に楽しくピアノを練習したに過ぎません。

たった、30日と聞くとあなたは「ありえない」「ホントに?」
と思ったかもしれません。でも、これは忙しい大人の社会人でも
ピアノをマスターしてもらえる最適な手段を取ったから
可能だったのです。

⇒詳しくはこちらをクリック


もし、あなたが「ピアノを弾いてみたいな・・・」とずっと
憧れ続けていたのなら。今回の記事はきっとお役に立てるでしょう。
少しだけ読み進めてみてください。

今回お伝えしたいピアノ練習方法は、かの【NHK交響楽団の方も推薦】
をしており、すでに【受講者数も3,000人】に迫る勢いの大人気で
さらに【テレビでも紹介】されているちょっと変わった方法です。

⇒詳しくはこちらをクリック


これまでになかった『短期間で』『自宅で』『ラクに』
ピアノが弾けるようになるレッスンとは?
その内容の一部を紹介すると・・・

・「そもそも楽譜が読めない」とお悩み?大丈夫。アッサリ解決します。
・あなたも必死でドレミを読もうとしていませんか?
  そんなことをしなくてもピアノは弾けます。
・丸暗記ではなく、楽しく音符を理解する方法
・自己流や間違った弾き方は手に負担をかけます。
  正しく弾けて、音楽的な表現方法もマスターするには?
・『見る』『聞く』『弾く』のわずか3ステップでマスター。
・ピアノ教室に通うよりも演奏の上達が早い工夫とは?
・1回のレッスンは10分程度。超短時間で進められる
  無理のないカリキュラム
・ピアノ嫌いになる要素を徹底的に排除した解説テキストとは?

などなど。

現役ピアノ講師だからこそ分かる、楽譜も読めない初心者が最短距離で
ピアノを理解し、そして上達しマスターできる適切な工夫やポイントが
満載です。

⇒詳しくはこちらをクリック


このたった30日間の練習内容で、まるでピアノを何ヶ月も
習ったかのようなレベルに到達できるというから驚きです。

本来、例えば1年間ピアノ音楽教室に通いレッスンを受けようと思うと、
年間で15万円ほど必要になります。ですが、この上達法の教本なら
格安で一気に簡単にピアノを弾けるようになります。しかも効率よく。

ずっと憧れだったピアノを、30日後に弾けたなら・・・。
その奇跡の瞬間が今、あなたの目の前にあります。詳細は↓から。

⇒詳しくはこちらをクリック

初心者でも楽譜が読めてピアノが弾ける30日の練習法


初心者でも楽譜が読めてピアノが弾ける30日の練習法


楽器演奏を趣味とする事は様々なメリットがあるといっても、
敷居が高そうだし気軽に始められないイメージですよね。
ピアノならばなおさらです。楽器が高額である上に、楽譜を読む事や
弾く事も初心者にはかなり難しそうなイメージがあります。

ですが怖気づく事はありません。少なくとも、楽譜が読めないだとか
まともに弾けないという問題は容易にクリアできます。練習期間が
1ヶ月もあれば、初心者を脱して誰もが知るあんな名曲やこんな名曲も
弾くまでのレベルに達する事が可能です。

「ピアノのセンスとか無いと思うし、年齢的にも・・・」

上記程度の目標設定ですと、才能とか年齢以前の話です。
以下のような練習法を楽しくこなしていくだけで、
みるみるピアノが上達します。

詳しくはこちらをクリック

ピアノの森について(映画ネタバレ有)

『ピアノの森』というまんがをご存知でしょうか?

これは1998年から始まり、今は『モーニング』という雑誌で描かれています。

天才的なピアノの才能を持つ少年、一ノ瀬海(主人公)と努力の天才少年ピアニスト、
雨宮修平を軸に、ショパンコンクールに参加するまでの物語が綴られています。

2007年映画化されました。

一ノ瀬海の声を、上戸彩 が演じています。
(※芸人ファン必見!!おこぼれ情報
 一ノ瀬海の師匠である阿字野壮介を宮迫博之が演じています。)

映画では一ノ瀬海のピアニスト人生のかなり初期のころが描かれています。

そこでは一ノ瀬海と雨宮修平のライバル関係がえがかれます
(と、いっても、実は一ノ瀬海こそが本物の天才ピアニストだと見抜いた
 雨宮修平が一方的にライバル視しているだけなのですが)。

一ノ瀬海自身は、はじめピアノ演奏に特に執着はありませんでした。
それどころか楽譜さえも読めませんでした。

けれども、師匠の阿字野壮介が原因で、ピアノコンクールに出ることになり、
それをきっかけに人前でピアノを弾くという快感を知ったのです。

そしてピアノをちゃんと弾いていこうと改めて阿字野壮介のもとで
ピアノを習うことにしました。

小学校時代、彼らが弾いた曲には、『茶色の小瓶』『エリーゼのために』
『小犬のワルツ』などクラシック曲を代表するものが多くあります。

天才達の奏でるピアノはとても綺麗で美しい音です。彼らは天才なので、
私たちがそれと全く同じように弾くのは難しいと思うのですが、
ピアノが自分にとって必要な存在という気持ちは同じだと思います。

そして、自分の手で演奏してみたいという気持ちも同じでしょう。

あなたのそんな「演奏したい」を実現できる練習方法があります。

⇒ 詳しくはこちらをクリック

この方法は、わずか30日で名曲をスラスラ弾けるようになるというものです。

レッスン講師は現役ピアニスト「海野真理」先生。

海野先生は、地元でピアノ教室を開いていて、常に空き待ち状態の人気ピアノ講師です。

なぜ、こんなに人気なのか?その秘密がここに書いてあります。

⇒ 詳しくはこちらをクリック

海野先生が受け持っておられる生徒さんは、小さいお子さんから大人までさまざまです。
しかも、初めてピアノに触る人ばかり。楽譜が読めない人も多い。この環境が、
海野式ピアノ習得法を作り出しました。

小さい子には、小さい子でもわかりやすく簡単に、時間が気になる大人には、
効率的にわかりやすく教えてくれます。ですから、誰でもすぐに弾けることができます。

難しい音楽専門用語はありません。難しくないので、「飽き」も「面倒臭さ」も
来ません。なので、楽しい気持ちのまま短期間の練習で曲を弾けるようになります。

⇒ 詳しくはこちらをクリック

一足先に実践された人の喜びの声もご覧になってください。

年齢層は様々。皆さん、ピアノが弾けないと思っていたのに、
弾けるようになったという喜びを感じていらっしゃいます。

30日の練習の後、あなたにも同じような、いえ、それ以上の感動の瞬間が
訪れるでしょう。

⇒ 詳しくはこちらをクリック

もし、あなたが今、誰もが知っている名曲クラシックを30日で
弾けるようになりたいなら、今すぐチェックしてみてください。

きっと納得していただけるはずです。

『ピアノの森』の映画では、(以下ネタばれになります)

天才ピアニストである雨宮修平が全日本コンクールでトップをとるんです。
(※ちなみに主人公の一ノ瀬海も素晴らしい演奏をするのですが、
  彼の表現がコンクールに合わないという理由で予選敗退)

それにもかかわらず、雨宮修平はこっそり一ノ瀬海の師匠である阿字野壮介に、
こう尋ねるのです。

「僕もいつか人の心を感動させるようなピアノが弾けるようになりますか?」

一位になった子がいうセリフでしょうか、これは?

雨宮修平は、天才ゆえに本物の天才、一ノ瀬海に気づき、
彼のピアノに感動し、同時にライバル視をするようになった。

いつか彼のように人の心に響くピアノを弾きたいと。

別に雨宮修平のピアノがおかしいわけではないのです。現に阿字野壮介も

「君はもっと、自分のピアノを好きになった方がいい。
 君の演奏はすばらしかったよ」と雨宮に声をかけています。

だけど、雨宮自身は、更なる上達を目指していくのです。

もっと上手くなりたい。もっと上手くなりたい。

この姿勢、あなたに似ていませんか?

もっと上手くなりたい。いい音を聞いているからこそ、自分でも納得できる
ピアノを奏でたい。

でも、楽譜が読めない初心者だから。今まで、ピアノを触ったことがないから
と諦めていた。

その気持ちを解決してくれるのが海野先生が教えてくれるレッスンなのです。

さあ、あなたも練習を始めましょう。

⇒ 詳しくはこちらをクリック

楽譜の読めない素人でもショパンの別れの曲が弾ける!?

「父さんになんか弾けるわけないじゃない!」

娘は鼻で笑って言いました。

それは30日前のことです。

私には若い頃から大好きな曲がありました。
どうしても、それを弾いてみたいと思いました。

娘はと言うと、幼少から習っていたこともあり、ラクラク弾けるのです。

私は娘に、ピアノを教えて欲しいと言いました。
その結果が、先のセリフでした。笑って娘は出かけてしまいました。

確かに私は不器用で、料理も妻に任せきりだし、
カラオケでも音痴で有名だし、娘が言うのも仕方ないのです。
でも、どうしても弾いてみたいと思いました。

ショパンの別れの曲。

初恋の女性に振られたときに、たまたまラジオから流れてきて
そのメロディーの美しさに涙が止まりませんでした。

その日から、弾いてみたいと思っていたのですが
自分では無理だろうと諦めていました。

自分が弾けないので娘にピアノも習わせてみました。
ですがその娘も、ショパンなど弾く前に、わずか1年ほどで
ピアノを投げ出してしまいました。

残ったのは、気合を入れて買ったグランドピアノ。

その時でした。

テレビから「30日で弾けるピアノ教本!」という紹介の声が聞こえました。

え!!30日で!?

驚いてTVを見ると、そこには上手に弾く方々が。
しかも30日で弾けるというのです。

すぐにインターネットで調べました。

海野真理先生という美しい女性のピアニストが監修をされたとのことで、
検索するとたくさん出てきました。

ご年配の方になると30日では難しいようでしたが、それでも
短期間で多くの方がピアノを弾けるようになった、という
喜びを語っておられました。

私はまるで希望の光を見つけたような気持ちで食い入るように
ページを読みました。90日コースもあり、そこに何と、
見つけてしまったのです。

ショパンの、別れの曲。

素人でも、楽譜が読めなくても、あの名曲が弾ける。
私はすぐに購入を決意しました。

それからコッソリ海野先生と私のヒミツの特訓が始まりました。
DVDなので何度でも見られて、覚えの悪い私にはピッタリでした。
先生は笑顔で、明るくレッスンして下さいます。

そして30日と5日後・・・。

娘の前で私は堂々と、ショパンを弾きました。
娘は驚き、感動し、「父さん、すごい!!」と連発でした。

45年前。諦めた別れの曲を、今、自分で弾いています。
この感動は、どう説明すれば良いのか。

とにかく、諦めかけた夢を叶えられた感動は言いようのない
幸せと満足感でいっぱいです。まだまだ、これからもピアノを
続けていこうと思います。

楽譜の読めない素人でも、30日でマスターするピアノ教本。
あなたの夢を、叶えます。

⇒詳しくはこちらをクリック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。