日曜大工の初心者がまず覚えるべき道具の数

「日曜大工をやったことがない」

「工具を使うのも初めて・・・」

とお困りではありませんか?

今回は、そんな日曜大工初心者の方に
オススメの情報をご紹介します。

日曜大工初心者がまず覚えるのことは
手工具、電動工具あわせて18個の道具
の使い方。

「18個って意外と多い?」

と思われるかもしれませんが、
日曜大工で使う道具は数十個あります。

その中で、18個覚えれば十分なのです。

この日曜大工の道具の使い方を
DIYのプロが詳しく解説しています。

まずはこちらの動画をご覧ください。


この動画を映像教材として制作した
著者は、NHK「住まい自分流」に
出演した日曜大工のプロ黒瀧道信先生です。

「日曜大工の道具を使ったことがない」

という初心者の方でも、映像を見れば
日曜大工に必要な道具の使い方一式
が全てマスターできます。

しかも道具で怪我をしないための
ワンポイントアドバイスを道具ごと
に解説しています。

これなら、安心して道具を使うことが
できますね。

詳しくはこちらをクリック



黒瀧先生が伝授する、日曜大工初心者から
プロまで必要な18基本道具は、次の18個です。

【手工具編(10個)】
1.差し金・スコヤ
2.クランプ
3.のこぎり
4.カンナ
5.砥石
6.ノミ
7.キリ
8.かなづち
9.釘締め
10.け引き

【電動工具編(8つ)】
1.丸ノコ
2.ジグソー
3.糸ノコ
4.電動ドライバードリル
5.ボール
6.サンダー
7.ルーター
8.トリマー

以上の手工具と電動工具を合わせて
18個の道具の使い方を覚えれば
日曜大工で棚でもテーブルでも
自由自在に作れるようになります。

「では、どんな道具を選んだらいいの?」

という方のために、教材の特典として
「道具の選び方のポイントチェックシート」
がついています。

このチェックシートを持ってホームセンター
に行けば、価格が安く品質の良い道具を
買うことができるのです。

NHKに出演し、本場イギリスの家具製作大学
を首席で卒業したDIYのプロが、棚・イス・
テーブルを自由自在に作れる手工具・電動道具
の使い方18のテクニックをお教えします。

詳しくはこちらをクリック

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。