原因によっても分類される脱毛症の予備知識

脱毛タイプというのは、円形脱毛症のように脱毛の仕方でも分類されますが、脱毛の
原因によっても分類されます。フケが多くなると頭皮に炎症が起こって抜け毛が
起きやすい、というのはご存じの方も多いと思いますが、原因というのはこれ一つだけでは
ありませんからね。

女性に関して言うならば、妊娠中に増えた女性ホルモンが出産後に低下すると、一時的に
抜け毛が起こる分娩後脱毛症というのがあります。他にも、引っ張り気味の髪型
(ポニーテール等)を継続する事で血行を悪くして部分的に薄毛を引き起こす、牽引性
脱毛症というのもあります。

このように、原因が明確な症状は比較的対策しやすいと言えますね。例えば前者の場合
ですと、妊娠中の方が特別な状態だったわけですから、深刻に悩まずしばらく待てば治る
ものであるとわかります。後者の場合は、基本的には髪型を変えて頭皮の血行を改善する
よう努めればよいのです。

こうした原因別の脱毛症は他にもありますから、まず自分の症状がこれらに該当しているか
どうかチェックした方が良いですね。その方が解決も早くなります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。