あがり症・緊張症で受ける面接

仮にあがり症であったとしても、上手い事立ち回れば普通に生きていく事は
できますが、それでも面接だけは回避しようがありません。特に若い時期の
大きな転機には、必ず何かしらの面接を受けるものですが、あがり症の方から
するとかなりきつい試練ですよね。

まあしかし、面接官側はそこまで気にはしていません。あなたからすれば
一大イベントですが、向こうからすれば定期的にやっている事なのですから。
面接するのはあなた一人だけではないのです。あがり症の一人や二人、それほど
珍しいとも思っていません。

面接は特に厳しい時間制限があるわけでもないのですから、他人より少しぐらいは
テンポが遅くてもかまわないので、面接官の質問に確実に答えるよう努めましょう。
そこができさえすれば、それ以外は普通の面接対策ができているかどうか次第です。
そこまで大きなハンデを背負っているわけではありません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401742046

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。